フリーAVG攻略メモ Topへ

―主にブラウザで遊べる無料アドベンチャーゲームを攻略中―

左の「CAPTURE'S ARCHIVES」から攻略したいゲームを選んで下さい。
記事中「???」と空白になっている部分は、意図的にネタバレを白字で記述しています。
  ご覧になりたい場合はドラッグして反転させて下さい。
コメント欄で意味もなくネタバレを書くのはご遠慮下さい。
コメントを送信される前に必ずこちらをご覧下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Escape: The Room 攻略

Escape: The Room [FLASH/英語]
(c) von_Pluggeleburg and Lorenzo Depolli(URL不明)

見知らぬ部屋からアイテムを駆使して脱出する。
難易度は中くらい。英語が分かる人なら速攻で謎が解ける・・・かな?
バグなのかデバッグし忘れなのかは知らないが、右端に未入手アイテムの一部が出てしまっているのが何とも(;´Д`)<ズルしないように



    


・カーテンを開ける→窓の縁から「6」カードラジオを入手
・ゴミ箱の中から「5」カード「7」カードを入手
・サイドテーブルの引き出し下段から「1」カードナイフを、下の隙間からメモ「0」カードを入手
・ナイフで「ゴミ箱の底」を切る→「3」カード鍵(1)を入手・謎の記号出現
・枕の下からノートの切れ端(上半分)「2」カードを入手
・ベッドの下・左側から「4」カードを、右側から「9」カードを入手
・鍵(1)でサイドテーブルの引き出し上段を開ける→ノートの切れ端(下半分)「8」カード鍵(2)を入手
・金庫を開ける→鍵(3)を入手

金庫の開け方解説
メモとノートの切れ端(下半分)にヒントが載っています。
一応訳は、
メモ:「『Wingdings』と鏡は持っていますか?」
切れ端:「無音である事が必要。また、鍵が見つかっているべきです。コンピュータに詳しい人なら記号の意味が分かります」
これらのヒントから、
  ①『Wingdings』を使う
  ②鍵を使う
  ③音を消す→つまり「ラジオの音」を消す
  ④パソコンを扱う人には意味が分かるという「ゴミ箱の謎の記号」を使う
  ⑤鏡を使う
事が分かります。
②と③(「ラジオの音を消す」には左下のボタンで)は問題ないと思うので、残りについて。
まず①。『Wingdings』とはずばり「フォントの種類」の事です。
Wordなどの文書ソフトを起動してみて下さい。「フォント」のリストに『Wingdings』があるのが確認できましたか?
次に④。『Wingdings』の意味が分かったらある程度パソコンに詳しい人ならピンと来たかもしれません。「ゴミ箱の謎の記号」は、ある文字を「『Wingdings』に変換」したものです。この金庫に使えそうな形の物で文字と言えば「カードの数字」しかありませんね。
そして⑤。これは「ゴミ箱の謎の記号を鏡に映した格好」=「逆さま」にして考える事を示唆しています。

つまりまず音を消し、「ゴミ箱の謎の記号」を「鏡に映した格好」にして、次に「カードの数字」を「『Wingdings』に変換」し、「逆さまにしたゴミ箱の謎の記号」の順番で数字を並び替え、そのカードを金庫の白い四角に貼り付けてから鍵(2)で開ければOK。
 #少し分かりづらいのでゲーム中のゴミ箱の記号を画像化してみました。
 この画像↓を「鏡に映して」考える訳です。
 ゴミ箱の記号
ネタバレ→「 3 9 0 5 1


・鍵(3)で早速ドアを開ける・・・って開かねぇー(#゚Д゚)
・もう一度上記の手順で金庫を開け、今度は「底をナイフで切る」→を入手
・斧でドアをぶち壊してクリア

1日1回のクリックで管理人のヤル気に火がつきます('ω')ノ

Comment

Comment Form


装飾したい文字をマウスで反転(選択)→上のアイコンをクリックで文字装飾が可能。

伏字/反転なしのむやみなネタバレ(「○○の答え=××」等)や、ネタバレを誘発する
  ようなコメント(「○○の答え教えて」等)はご遠慮下さい。

コメントを送信される前に、必ずこちら(別ウィンドウで表示)をご一読下さい。

管理人が承認するまでコメント欄に反映されません。ご了承下さい。

Trackback URL

⇒ http://avg.blog13.fc2.com/tb.php/64-9ff6949a

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。